講師プロフィル

  • hiroiwa

    ひろいわ ちかひろ 広岩 近広 客員編集委員

    1975年に入社。大阪社会部や「サンデー毎日」で事件と調査報道に携わり、2007年から原爆や戦争の取材を続け、専門編集委員をへて現在、客員編集委員。大阪本社発行の朝刊で「平和をたずねて」(第22回坂田記念ジャーナリズム賞を受賞)を13年間連載した。

    • 原爆は、なぜ非人道兵器か――「核の傷痕 医師の診た記録」の取材報告
    • 被爆者はいかに生きたか――沼田鈴子さんや被爆孤児に教えられたこと
    • なぜ、戦争は反復されたのか――近代史と戦争体験者の証言から考える

    事件記者を続けるなかで、戦争は最大の事件だと思い至りました。以来、戦争体験者、被爆者、非戦を語る識者等の取材を重ね、いわば「伝達記者」として紙面で報告してきました。このたびはお話をうかがった方々の「語り継ぎ部」として、お目にかかります。

お申し込み方法

お申し込みの方

フォームに記入

講演お申し込み

お問い合わせの方

検討中・相談・料金など記入

お問い合わせ

紹介したテーマは一例です。要望にもお応えします。
講師決定までお時間をいただく場合がございますので、余裕を持ってお申し込みをお願いします。

電話でのお問い合わせも受け付けています。

03-3212-5156