講師プロフィル

  • えんどう ひろし 遠藤 大志  社会部

    仙台市出身。北大大学院修了。岩手日報記者を経て、2014年毎日新聞に入社。さいたま支局、仙台支局、東京本社特別報道部などを経て現職。仙台支局在任中、国家による強制不妊手術の問題を追及した「キャンペーン報道 旧優生保護法を問う」で18年度新聞協会賞を受賞した。共著に『強制不妊 旧優生保護法を問う』(毎日新聞出版)、『ニュースは真実なのか 「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」記念講座2019』(早稲田大学出版部)。

    • キャンペーン報道「旧優生保護法を問う」
    • 吃音(きつおん)をもつ記者として

    あまり気づかれませんが、私は言葉の出にくい「吃音」(どもり)をもっています。コミュニケーションでうまく自分の思いを伝えられないことは、とてもつらいことです。そうした体験談もお話できればと思っています。

お申し込み方法

お申し込みの方

フォームに記入

講演お申し込み

お問い合わせの方

検討中・相談・料金など記入

お問い合わせ

紹介したテーマは一例です。要望にもお応えします。
講師決定までお時間をいただく場合がございますので、余裕を持ってお申し込みをお願いします。

電話でのお問い合わせも受け付けています。

03-3212-5156