講師プロフィル

  • えんどう てつや 遠藤 哲也 点字毎日部

    1964年、兵庫県生まれ。同志社大文学部卒。1989年毎日新聞社入社。北陸総局(金沢)、阪神、京都、神戸各支局、大阪本社学芸部副部長などを経て2018年から週刊「点字毎日」編集長。学芸部記者時代の2010年に「点字と視覚障害者の権利擁護に関する報道」で第14回新聞労連ジャーナリスト大賞優秀賞、第17回坂田記念ジャーナリズム賞を受賞。「点字毎日」編集長時の18年に「点字毎日」が日本記者クラブ賞特別賞、20年にIAUD国際デザイン賞銀賞をそれぞれ受賞。地元の兵庫県芦屋市の障害者(児)福祉計画策定委員(公募)なども歴任。長年の法務省人権擁護委員の活動に対して、18年に法務大臣感謝状をうける。 元関西学院大人間福祉学部非常勤講師。長女に重度の知的障害がある。認知症の父と半身不随で車椅子利用の母の「3重介護」も経験した。共著に「もう施設には帰らない~知的障害のある21人の声」(中央法規)など。

    • 障害のある子の家族支援
    • インクルーシブ教育
    • 共生社会と障害者の権利
    • 点字新聞の可能性

    障害のある子が生まれてきてよかったと思える社会づくりを一緒に考えたいと思います。

お申し込み方法

お申し込みの方

フォームに記入

講演お申し込み

お問い合わせの方

検討中・相談・料金など記入

お問い合わせ

紹介したテーマは一例です。要望にもお応えします。
講師決定までお時間をいただく場合がございますので、余裕を持ってお申し込みをお願いします。

電話でのお問い合わせも受け付けています。

03-3212-5156