講師プロフィル

  • たきの たかひろ 滝野 隆浩 東京本社 社会部専門編集委員

    長崎県佐世保市出身。防衛大学校を卒業後、任官を辞退して、翌1983年、毎日新聞社に入社。社会部、サンデー毎日編集部、夕刊編集部、前橋支局長などをへて現職。著書に『宮崎勤精神鑑定書』、『純子と摩樹子 二人の多重人格者』『自衛隊指揮官』(講談社)、『ぼくたちが日本のお年寄りに教わったこと』『自衛隊と東日本大震災』 『出動せず』(のちに新書として改訂『沈黙の自衛隊』、ポプラ社)、 『自衛隊のリアル』(河出書房新社)など。最新刊は「これからの葬儀の話をしよう」(毎日新聞出版)

    • 連載コラム「掃苔記」執筆中(毎週金曜日の朝刊)
    • 平成期 激変した葬儀・墓/みとりの現場から
    • 自衛隊の大変容とこれから
    • 作文・小論文はコワくない

     記者になって30年余。平成期を主に社会部記者として現場を歩いてきました。いまのテーマは、「死」の前と後を通してとらえる「周死期」。人が老い病を得て介護され、みとられていき、そして葬儀や墓の問題と向き合う。本人とその家族のさまざまな思いを聞き、社会のありようについて現場で考えてきました。死生観についても思いを伝えていきたいです。
     また平成期に激変した自衛隊のありかたについても、幹部・隊員の知己が多いという立場から私なりに考えています。
     それから、「文章の書き方」。30年以上、毎日、文章は書き続けていますから、コツは知っています。伝え方のコツさえわかれば、「書く」という作業が楽しくなります。

お申し込み方法

お申し込みの方

フォームに記入

講演お申し込み

お問い合わせの方

検討中・相談・料金など記入

お問い合わせ

紹介したテーマは一例です。要望にもお応えします。
講師決定までお時間をいただく場合がございますので、余裕を持ってお申し込みをお願いします。

電話でのお問い合わせも受け付けています。

03-3212-5156