講師プロフィル

  • 手塚 耕一郎

    てづか こういちろう 手塚 耕一郎 写真映像報道センター

    1977年東京都生まれ。富山大学大学院理工学研究科修了。2003年毎日新聞入社。東京本社写真部、仙台支局、北海道支社報道部、東京本社写真映像報道センター(現職)。2010年バンクーバー、2018年平昌、両冬季五輪取材。2011年の東日本大震災では宮城県名取市でヘリ取材中に大津波に遭遇。津波の襲来をとらえた一連の写真は、同年の新聞協会賞を受賞した。

    • 写真・映像記者の仕事
    • 東日本大震災と写真報道

    報道カメラマンの取材対象は、社会・政治・スポーツ・文化芸術分野・さまざまなインタビューなど多岐にわたり、今の時代を写真や映像で記録し表現していく仕事です。最近はスマートフォンなどのカメラ機能の進化やSNSの発達で、現場にいる誰もが決定的瞬間を記録・発信できるようになりました。カメラマンにはより一層、写真による表現力や伝える力が求められています。時代と共に変化する報道カメラマンの仕事や、東日本大震災での大津波との遭遇体験、10年間にわたる被災地や被災者の変化などについて話をしたいと思います。

お申し込み方法

 お申し込みフォーム内の「希望の講演テーマ」「日程」「主催団体名」などをご記入ください。折り返しメールか電話で連絡を差し上げます。

 HPに掲載した社員は一部です。講演テーマをお示しいただければ、「なるほど!先生」事務局がテーマに沿った講師をご紹介します。 お気軽にご連絡ください。

 講師決定には調整などの時間が必要な場合があります。日程に余裕をもってお申し込みください。

 ご質問、不明な点があれば「なるほど!先生」事務局(03-3212-0267)までお願いします。

 講師派遣できる社員はこのほかにもいます。講演可能なテーマはこのほかにもあります。まずは、ご連絡ください。